実は湿気が強い日本では木造住宅のほうがよい点が多いです

木の匂いや温もりを感じて

Recommended News

一人部屋

木造住宅の温もりを感じる

様々な住宅の資材がありますが、基本的には日本では木造が多いです。これは元々、日本が木材資源が多かった、ということにも起因しています。例えば砂しかないような…

»more

畳の部屋

木造住宅に長く住んでいくためには

木造住宅を建てたのであれば、誰しもが一日でも長く大切に木造住宅に住んでいきたいと思うでしょう。木造住宅に長く住んでいくためにはどのようなことに気を付けてい…

»more

対面キッチン

木造住宅はシンプルが命

木造住宅を建てる際、シロアリ対策として薬剤を散布すれば被害に遭わないと思っている人は少なくありません。ですが、薬剤は年月が経過するごとに効果が薄まってきま…

»more

ご予算は

木造住宅を選ぶ時の基準

木造住宅は日本で最もポピュラーな住宅であるといえます。そんなに難しいことではなく、要するにどんなレベルの材木を使っているのか、基礎工事はどの程度厳格にやっ…

»more

木造住宅築20年にもなる沖縄の実家について

リビング

私の実家は沖縄にあり、父と母が結婚した時に友達に紹介して貰ったハウス21で建ててもらった木造住宅です。現在、築20年目になりますが、大きなリフォームなどは全く必要ない状態で、しっかり建てられた木造住宅だと思います。阪神大震災で震度4の揺れを観測しましたが、その時にも家に対して特に被害はなかったです。
妹は4年ほど前に実家の隣に新築の家を建てたのですが、正直、実家の方がどっしりした構えで、私が家族とどちらに住みたいか?と聞かれたら、実家の方を選ぶと思います。昔ながらの家なので、冬は隙間風がビュービュー入ってとても寒いです。夏は、瓦がとんでもなく熱されるので、2階でガンガンエアコンをつけていても冷えないので、2階では生活できない状態です。でも、やっぱり、木造住宅は落ち着く気がするので、私も夫も、今後、家を建てるのであれば、できることなら木造の住宅を建てたいと思っています。その際、窓やサッシなどは、より新しいものを使い、断熱面ではしっかり対策をしたいと思います。また、天井の瓦に関しても、熱がこもりにくいものを検討する、などの対策をとると思います。昔の木造住宅の方が風が抜けるため、今の住宅よりカビなどは生えにくいのではないかと思います。断熱に力を入れつつ、換気も十分にできるような設備が必要だと思います。

メリットが多い木造住宅

家を建てる時に木造住宅か鉄筋住宅を選ぶ事になりますが、日本を自然を感じる環境を好む傾向があるので木造住宅を選ぶ人の方が多いです。それに生活するうえでメリットになる事が多いのも木造住宅を選ぶ人が多い理由の一つでしょう。
木造住宅のメリットとしてまず挙げられるのが健康的に暮らせるという点でしょう。鉄筋住宅の場合は化学素材を使わなければいけない事もあってアレルギー反応が出てしまってシックハウス症候群になってしまう可能性もあります。それに対して木造住宅は化学素材を使わないくていいのでシックハウス症候群を予防する事が出来ます。また吸湿放湿効果があってカビやダニが発生するのを防いでくれるので健康的に暮らす事が出来ます。
木造住宅で使用されている木造は鉄筋に比べて軽量なので地震エネルギーを受けにくいという特徴があります。そのため鉄筋住宅よりも耐震性や耐久性が高いので地震など大きな災害が発生した時でも倒壊する事は少なく対応する事が出来ます。自分の身の安全を守るという点でも木造住宅は大きなメリットになります。木造住宅は空間設計の自由度が高いので改築がしやすいという特徴があります。そのためリフォームやリノベーションをする時も大きなメリットになります。

木造住宅の基本的な部分

木造住宅というのは、日本建築の粋であるといえます。しかし、一定以上の高さの物になりますとさすがに鉄筋を使うことが多いです。しかし、三階程度であるならば木造でもまったく問題ないです。そもそも鉄筋コンクリートの住宅と何が違うのか、といいますと基本的に安いです。木造住宅のほうが原則としては安く仕上げることができます。それと資産的な価値もやや低くなります。これは損をする、という意味ではなく、固定資産税の計算などで得をすることになります。また、これはそこまで考えることではないですが、撤去する時に費用がより多くかかるのもコンクリート製になります。そうした意味では木造住宅のほうがメリットがあります。但し、耐久性でいえば圧倒的に木造よりも鉄筋コンクリートの方が強いです。それに耐震性も木造の方が弱いです。しかし、弱いといっても最低限はクリアされていますし、むしろ、強く作れる方法もあります。そうした意味ではどちらでも構わないともいえます。木のほうが温もりを感じるから、という理由で選択する人もいます。それは個人の自由ですし、湿気が強い日本においては木造住宅のほうがよい点が多いのは確かであるといえるでしょう。

沖縄で家を建てるなら、実は木造住宅がお勧めです。価格を抑えつつ、地震や台風に強い家を建てることができますよ。特に沖縄で木造住宅を建てるならコチラのハウス21がお勧めですので沖縄で家を建てる際は是非ご覧いただければと思います。

一人部屋

木造住宅の温もりを感じる

様々な住宅の資材がありますが、基本的には日本では木造が多いです。これは元々、日本が木材資源が多かった、ということにも起因しています。例えば砂しかないようなところは乾燥煉瓦で家を造ったりするわけです。その土地の資源に…

»more

畳の部屋

木造住宅に長く住んでいくためには

木造住宅を建てたのであれば、誰しもが一日でも長く大切に木造住宅に住んでいきたいと思うでしょう。木造住宅に長く住んでいくためにはどのようなことに気を付けていけば良いのでしょうか。1つ目に気を付けることは、木造…

»more

Choices Article