実は湿気が強い日本では木造住宅のほうがよい点が多いです

木の匂いや温もりを感じて

木造住宅はシンプルが命

対面キッチン

木造住宅を建てる際、シロアリ対策として薬剤を散布すれば被害に遭わないと思っている人は少なくありません。ですが、薬剤は年月が経過するごとに効果が薄まってきますので、永久的な効果があるわけではありません。またシロアリが寄りつきにくい木材を使用すれば被害は起こりにくいのですが、近年では外来種の侵入もあり、必ずしもシロアリの被害を受けないとは限らない状態になりつつあります。したがって、木造住宅は多かれ少なかれシロアリは侵入するものと考えた方がよいのです。
そう考えると、シロアリを入れない住宅ではなく、シロアリに入られた後に対処しやすい住宅を建てることが大切になります。そして、シロアリに対処しやすい木造住宅とは、ずばりシンプルな構造の住宅です。例えば、ウッドデッキを備えた住宅はデザイン性は高いですが、ウッドデッキからシロアリが侵入した場合、非常に対処が難しくなります。また、床下が低い場合や柱周りにゆとりがない場合も、一度シロアリの侵入を許してしまったら対処ができなくなってしまいます。特に、床下がない住宅は一度シロアリに入られたら、駆除作業を行うスペースがないわけですから、もう一巻の終わりです。したがって、木造住宅を建てる際には、必ずシロアリの被害を受けるものと考え、シロアリに対処できるようなシンプルな構造で住宅を建てることが大事なのです。木造住宅はシンプルが命なのです。

一人部屋

木造住宅の温もりを感じる

様々な住宅の資材がありますが、基本的には日本では木造が多いです。これは元々、日本が木材資源が多かった、ということにも起因しています。例えば砂しかないようなところは乾燥煉瓦で家を造ったりするわけです。その土地の資源に…

»more

畳の部屋

木造住宅に長く住んでいくためには

木造住宅を建てたのであれば、誰しもが一日でも長く大切に木造住宅に住んでいきたいと思うでしょう。木造住宅に長く住んでいくためにはどのようなことに気を付けていけば良いのでしょうか。1つ目に気を付けることは、木造…

»more

Choices Article